B型肝炎の給付金請求


B型肝炎の給付金請求は、国が行っていた予防接種やツベルクリン反応などが原因で発症したB型肝炎に対して国が補償する内容になっております。2018年の1月現在においてはありえませんが、昭和23年から昭和63年までの40年間は、注射針などが使い回しされていた事が原因でB型肝炎を発症するといった事がありました。

B型肝炎ウイルスに感染するのは、予防接種やツベルクリン反応検査だけではありません。不衛生な場所や器具でのピアスやタトゥー、ドラッグなどを注射する際の使い回しなどでも感染する可能性があります。その為、B型肝炎ウイルスに感染しているという方の全員が、B型肝炎の給付金請求ができる対象ではありません。その為、自分が絶対に予防接種やツベルクリン反応が原因でB型肝炎を発症しているという事を証明しなければいけないのです。

弁護士予防接種やツベルクリン反応が原因でB型肝炎が発症していることを証明するためには、国を相手取って訴訟を起こす必要があります。一般の方が訴訟を起こすような事は日常的にはありませんので、経験がないという方が大半です。その為、大抵の方は、B型肝炎の給付金を請求する場合には、訴訟のプロフェッショナルといえる弁護士に依頼することになります。しかし、弁護士を利用したことがないという方にとっては、中々にハードルが高い内容だと言えます。そこでこちらのページでは、B型肝炎の給付金請求について弁護士へ依頼するにはどうしたら良いかなど基本的なアドバイスをご紹介します。