お金の問題


お金B型肝炎ウイルスの給付金請求を行うための訴訟は、素人には難しいとわかっているのですが、弁護士に依頼するとお金がかかってしまうので躊躇しているという方も少なくありません。確かに、弁護士の方に相談するような場合には、30分で5,000円以上もかかってしまう事が当たり前ですので、せっかくB型肝炎の給付金を受け取っても弁護士に支払う金額で全て無くなってしまうのでは意味がありませんし、弁護士に依頼するお金を用意できないという方も多いと思います。しかし、そのような心配は一切する必要はありません。

弁護士に訴訟を依頼するような場合には、基本的に成功報酬といった形になっております。つまり、B型肝炎の給付金が支払われた段階で、その中から弁護士の方が報酬を差し引いた残りを振り込んでもらう事ができるようになっているのです。また、弁護士の成功報酬は5パーセント程度が相場になっているのですが、弁護士に依頼した場合には、国から給付金とは別に給付金額の4パーセントを弁護士費用として補助してもらう事ができるようになっております。素お為、思っている以上に経済的な負担は少なくなっておりますので、金銭的な事が問題で弁護士に依頼できないという問題は考えなくても良い事になります。